リハビリ科

  • リハビリ科について
  • 教育
  • 特徴・実績
  • 働くスタッフの声
  • 採用情報

教育体制について

新人研修

新人教育については、プリセプター制度を設けています。
院内での新人勉強会のほか、先輩がマンツーマンで指導を行い、セラピストとして必要な技術を習得します。
また、リハビリテーション部としてグループ内の勉強会や研修会を定期的に実施しています。

新人の研修風景

神崎中央病院 リハビリ科 教育風景

グループに所属する新人が全員が集合し、一般教育・技術指導・体験学習などを行います。仲間と積極的にコミュニケーションをはかり、普段とは違う視点を体感し、「考える習慣」を身に着けるための研修を行います。

新人研修の様子を詳しく見る

院内の研修風景

神崎中央病院 リハビリ科 教育風景

新人スタッフの声

相談しやすい環境と、勉強がしたくなる環境です

スタッフの声 アットフォームな雰囲気の中、分からないことやできないことは相談しやすい環境です。また、先輩と接することで自分も成長したいと勉強するようになります。 セラピストとして多くのことを学べる職場です。
OT 豊永みゆき(大阪医専卒)

先輩方から多くを学び業務に邁進しています

スタッフの声 最初は分からないこと、戸惑うことばかりでしたが、先輩に聞きやすい環境が整っていますので、疑問を持ってもすぐに解消されます。 現在は、できることも多くなり、スタッフの一員として業務に充実感を持って臨めています。
PT 木村紘亮(大阪保健医療大学卒)

疑問に思ったことが聞きやすい環境です

スタッフの声 セラピストとしてまだ知らないことが多い状態ですが、疑問に思ったことをすぐに聞ける環境なので、 日々新しい知識・技術が身についていきます。とても充実して業務を行っています。
PT 板垣美穂(島根リハビリテーション学院卒)

先輩方のおかげで充実した教育が行えます

スタッフの声 以前は漠然と研鑽しようと行っていましたが、先輩のアドバイス・フィードバックのおかげで、何を学習すべきか道筋を立て知識を獲得でき充実しています。
PT 松元佑太(藍野大学卒)

先輩方と距離感が近い職場です

スタッフの声 入職して半年、まだまだ分からないことや不安な点がありますが、質問しやすい環境のおかげで、安心して業務を行っています。
PT 上野萌(藍野大学卒)

自分の欠点を知る事ができました

スタッフの声 入職当初は、自分が今何をすべきなのか、どのような学習をしていけばいいのか分からないままでした。 先輩のアドバイスで問題点は何か、それに対して何をすべきか、など順序だてて考えられるようになってきました。
PT 園部耕太郎(平成医療短期大学卒)

先輩方の支えもあって、ひとつずつ前進していけます

スタッフの声 最初はセラピストとして成長できるか不安ばかりでしたが、先輩の支えもあって、前進していける環境です。先輩の治療を見学し、わからないことは一緒に見てもらいながら日々勉強しています。
PT 田口葉月(滋賀医療技術専門学校卒)

レベルアップ研修

2年目・3年目以降になると、各部門にわかれた研修を実施します。より実践的な技術や専門性に特化した経験が身に付くようなプログラムを組んでいます。

中堅育成/専門領域別の研修については、リハビリテーション部として行います。 詳しくはリハビリテーション部の教育体制をご確認くだいさい。

医誠会病院リハビリテーション部全体を見る

医療法人医誠会 神崎中央病院
〒529-1445 滋賀県東近江市五個荘清水鼻町95
TEL.0748-48-5555
FAX.0748-48-5556
info@kanzakihp.com
info@kanzakihp.com 0748-48-5555
ISO9001認証

文字の大きさ